OB会?

7月6日のツールドあいち神坂峠はお休みして、

5-6日は旧職場仲間と庄川のとある別荘をお借りして、

息抜き宴会ツアーに行きました。

まず、白鳥で男4人分のBBQ用買出しをして、

ブナ林を見に大白川、白水湖へ。

御母衣湖を超え、平瀬温泉を左折、大白川沿いに約13km。

P7052654_2

大白川の水は凍るほど冷たく、とてもきれい!

Syoukawa_blog_1_2

ブナ林で森林浴、マイナスイオン浴びまくり、

携帯電話は圏外になります。

Syoukawa_blog_2

終点、白水湖です。

ここは、白山の登山口の一つで、ロッジ、トイレ、駐車場があります

天気が良いと、水が『コバルトブルー』に輝くそうです。

曇りでも十分に美しい。日本じゃないよう。

湖畔には露天風呂があり、300円で入浴できます。

風呂上りには97℃の源泉を利用した、温泉卵(固ゆでと半熟)も楽しめます。

私は『生ビールと半熟卵』です。運転手さんありがとう!

そして、大白川を後にして、白川郷を目指します。

Syoukawa_blog_3_3

世界遺産白川郷。

とても癒されるところです。

只、暮らしている人たちの苦労の上にあると思うと複雑です。

・・・感謝。

そして、3時に開通したばかりの

東海北陸道白川郷IC~飛騨清見ICを通って、庄川の別荘へ。

後は宴会、ログハウスで就寝・・・。

Syoukawa_blog_2_2

翌日は高山散策です。

高山でも飛騨の里で榑葺きや茅葺の民家を見学しました。

榑職人さん(83歳、後継者無し)の貴重な実演も見れました。

P7062737 榑職人さん

木を板状に割り、それを屋根に重ねていく。

木の繊維を残す(水切れが良い)ために、機械での切断はだめとの事。

後ろに積んであるのが 榑(クレ)。

P7062745 榑葺屋根

そして、おばあちゃんが実演で作っている、

ひのきの板で編んだ『うちわ』を買って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月18-20屋久島 その3

3日目、宿でゆっくり朝食を食べて、白谷雲水峡へ。

http://www.realwave-corp.com/06walk/02/index.htm

ここはもののけ姫の舞台となったところです。

ここも散策コースは時間によって色々あります。

今回は飛行機の時間まで余裕があるので、太鼓岩までのフルコース。

まずは、巨大すぎの散策コースを通って、もののけ姫の森を目指します。

P5202125

弥生杉。3日目になると、大きさに対して感覚が麻痺してます。

自転車乗りにも共通の感覚がありますよね。

P5202129

すでに全体が「もののけ」です。

P5202138

二代大杉。

P5202160

巨大な杉の株。神秘的な姿。

P5202169

なにがなんだか?

P5202185

「もののけ姫の森」は近い。

P5202194

二代くぐり杉。盛りだくさんの写真を撮りながら、

「もののけ姫の森」到着。

P5202210

映画のシーンがよみがえる様な空間が広がる。

頭の中で「ものの~けの~・・・」が繰り返される。

P5202262

・・・。

P5202221

これまたすごい株。

そして、太鼓岩をめざす。

P5202229

P5202231

私の右に見えるのは、倒木の裏、つまり根っこ。

P5202233

ここから太鼓岩まですぐ、でも道は険しい。

ついた~。

P5202238

気持ちい~。足元が太鼓岩。ここで「モロ」がほえていた様な・・・。

太忠岳、宮之浦岳が一望できます。

でも、すごく怖いところ。

P5202239

おとついの太忠岳が見えます。

P5202236

ここは森から突然視界が開けるので、皆が驚きの声をあげます。

・・・間違いない。・・・古っ・・・。

さて、飛行機の時間もあるので山をおります。

P5202254

杉の株の上に、巨大な杉がかぶってます。

写真を撮りつつ、山をおりました。

ここも、本当によいところでした。

今回は一人できましたが、ぜひ家族にも見せたいと思います。

P5202289

一度来たいと思っていた「屋久島」、また来るよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月18-20屋久島 その2

2日目、朝4時起きで縄文杉をめざします。

今回の屋久島のメインイベントです。

まず、途中で登山用お弁当を受け取り、荒川登山口へ。

あたりはまだ薄暗いが、駐車場には車が7、8台きています。

早速、長いトロッコ道(8.1km)を歩いて、大株歩道入り口へ、

P5191940

途中の脇にもすばらしい大木や、倒木、切り株があり

もう、わくわくです。

P5191973

P5191968

仁王杉。

そして、まず大株歩道を通ってウィルソン株へ。

P5191975

翁杉。表面が苔と他の根に覆われています。

そして、ウィルソン株到着です。

P5191982

写真では解りにくいですが、右下の女性から左隅までが株です。

P5191981

中は8畳ほどの空洞です。

こんな大きいのを切ってしまって・・・。

まだ、早かったので人は少なく、ゆっくり見れました。

P5191986

名も無き大木の脇を通って。真ん中が私。

P5191991

巨大な倒木。自然に倒れたのか?私がわかりますか?

切ってみたけど役に立ちそうに無いので、ほかられたのか?

P5191998

道はかなり整備されています。

P5192004

大王杉、大きすぎてもう大王です?

P5192016

不思議なことになってます。

そして、縄文杉到着!

P5192025

存在感が違います。

保護のため、近寄れないのが残念です。

しばらく眺めながら、休憩。

早めのお昼にして、雨が降ってきたので下山します。

本当は天気が良ければ、宮之浦岳を目指すつもりだったが断念です。

P5192045 

苔むした森林の中を下ります。

P5192046

10時頃になると、たくさんの人が縄文杉をめざして上がってきます。

すれ違うのが大変です。登山はのぼり優先。

平日のせいもありますが、年齢層は高く、女性が多いです。

年をとると、女性のほうがアクティブなのでしょうか?

P5192049

名前のついていないすばらしい大木もたくさんあります。

直径2~3mの切株は普通にあります。

そしてトロッコ道に戻ります。

P5192058

途中で鹿とすれ違いました。

だんだん雨がひどくなりますが、カッパは暑いのでずぶぬれで歩きます。

P5192082

明日はもののけ姫の森へ行くつもりですが、

屋久島は、山の中はどこも、「もののけ」です。

P5192098

トロッコ道は、途中に危険な橋がたくさんあります。

落ちる人はいないのでしょうか?枕木の隙間が怖いです。

P5192105

やっと、やっとトロッコ道が終わり、駐車場に着きました。

疲れた身体に、8km以上の歩きにくい道は皆さん堪えるでしょうね。

早く下りてきたので、昼から屋久島自然館へ。

ここは、屋久島、屋久杉の歴史が良くわかる施設です。

P5192107

「いのちの枝」縄文杉から落下した枝です。

枝というには大きすぎ。

そして、宿に戻って、明日の白谷雲水峡(もののけ姫の森)へ行く準備です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月18-20屋久島 その1

ツールドあいち琵琶湖一周をさぼって、

何年も前から「一度行ってみたい」と思っていました、“屋久島”。

ついに行ってきました。

台風4号の影響が心配されましたが、無事帰りました。

1日目は昼に屋久島到着。

レンタカーで、ヤクスギランドへ。

途中、太忠岳が見え隠れする。

P5181834_3

ちょこんと飛び出したのがそれ。

小さく見えるが、高さ40mの岩が飛び出している。

どうしても、あそこへ行きたくなる。

ヤクスギランド入り口で聞くと

「往復5時間ぐらいかな?今からではちょっと・・・。」

でも、行ってみる。

P5181860_2

1時間10分で到着。

すごい迫力!きてよかった。

ヤクスギランド内を見たかったので、早々に下山。

そして遊歩道へ。

巨大な杉、杉の倒木、伐採根、またその上に、巨大な杉が絡み合って、すごい。

聞きしに勝るすごさ。

P5181872_3

P5181898_2

P5181908

写真は大きさの比較のため、私が入ってます。

もう、すごすぎて、なにがなんだか?

そして、ランドを後にして、車ですぐ近くの紀元杉へ。

P5181928_2

紀元杉。

大きすぎて、写真に納まりません。

ヤクスギランドhttp://www.realwave-corp.com/06walk/01/index.htm

詳しくは行ってみてください。

巨大杉の余韻にひたりながら宿へ。

旅人の宿まんまるhttp://www11.ocn.ne.jp/~manmaruy/

料理のとってもおいしい宿です。

次の日は、縄文杉登山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)