びわ湖バレイスカイレース(H27.7.5)

ちょっと前ですが(だいぶ前?)

第1回びわ湖バレイスカイレースに参加しました。

滋賀県比良山系の蓬莱山を頂点にびわ湖バレイスキー場一帯が会場です。

距離は20km、累積標高2000mとのこと。

Image0002HPより

大きく下って、上ってを2回繰り返すイメージです。

 

イベント前日はなかなか寝れないので(子供みたいですが)、

前日現地近くの道の駅「藤樹の里あどがわ」で一泊することに。

豚テキとビールで1人前夜祭。

Dsc_1672

道の駅のレストランとってもいいです。しかも構内に24時間営業のコンビニもあります。

イベントの前泊にはもってこい!

 

さて、当日あったか~いコンビニ弁当で朝食、軽量化。

会場のびわ湖バレイへ移動します。

スタート地点へは120人乗りのゴンドラで約5分!


Dsc_1683

 

当日受付を済ませて、準備オッケー!

時間があるので、準備運動したり、写真を撮ったり・・・。

雨予報でしたが、何とか持ちそうな感じです。

Dsc_1677_2

そしてAM9:30、競技説明。

プロデューサーの松本大さんより、

『コースは険しいです。ランナーとしてではなく、登山者として山に入ってください』

『走れるものなら走ってみろ!』とのこと。

かっこいい音楽もあって、いい感じです。

Dsc_1686

そしてスタート!まずゲレンデを下って登って。

あれっ・・・なんだかペース速い?

 

もう一度スタートゲートを通り、びわ湖方面へ荒れた路面を急降下!

登山道の下り坂も皆さん速い!

トレイルを走り慣れている人が多いのか?

そして、登る登る・・・。

Dsc_1693

 

樹林帯は蒸し風呂のよう、暑い!

これを2回繰り返し、私もスカイランナー?

Dsc_1695

 

 

蓬莱山を過ぎると、ゲレンデを下って登って・・・。
Dsc_1696

 

ゴールです。

Dsc_1698

 

 

目標の4時間は切りましたが、

真ん中辺りに入りたかったな~なんて
Scan25_3

 

参加者のレベルが高かった・・・ということにしておきましょう

距離は短いですが、ハードなコースでした。

登りはとても走れません、というか後半は歩くのも辛かったです。

しかも暑くて、暑くて・・・。

トップは2時間9分強、すごい!

 

あれっ?参加賞が無かったな~・・・、ちょっと残念。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回奥飛騨トレイルラン(H27.6.14)

第2回奥飛騨トレイルランに参加してきました。

会場は『カミオカンデ』で有名な、岐阜県飛騨市神岡町のひだ流葉スキー場一帯です。

 

距離は約30km、累積標高は1600mです。

最近のトレラン大会の中では、短~中距離の部類?

大きな山を2ツ超えるようですが、実際は細かいアップダウンも多いです。

Okuhidakosu


Okuhidakoutei


スマホアプリの計測データですが、標高は少し高めに出るようです。

 

さて、参加者は男子の部180人、女子の部20人です。

年代別カテゴリーはありません。

他のいろいろな大会と重なっているためか、少なめですね。

(ここ数年でトレラン大会すごく増えました)

この山一帯が会場です。

P6134427

 

 

AM8:30 2組に分かれてスタートです。

しばらくはゲレンデから林道をひたすら上ります。

私の周りは上りではほとんど歩きです。

Dsc_1596

 

上りきったあたりから、や~っと待ち焦がれたシングルトラックへ。

昨年はブランコ毛虫(マイマイガ)が大量発生してたいへんだったそうです。

Dsc_1597_2

木陰のシングルトラックは本当に気持ち良いですね。

 

2回目の大きな山を登りきると、上級ゲレンデを急降下!

景色は良いですが、写真を撮る余裕はありません。

天気が悪いとすってんころりん転倒者続出かも?

Dsc_1600

 

ゲレンデを下りきると、後は林道をだらだら下ってゴール!
最後は歩かずに走りきりました~。

Dsc_1605_2

私にとっては上出来ですね。

 

奥飛騨トレイルランのコースは特に危険な個所もなく、

景色のよい林道とハイキングコースとゲレンデを組み合わせた、

登山道とは違い、走れる人は走れる?コース設定です。

マラソン経験者のトレランデビューには良いかもしれません。

 

個人的にはもう少し刺激が・・・なんて

 

走った後には、隣に日帰り入浴施設もあります。

(帰らなければならないので、ビールはおあずけですが

高山、飛騨古川に白川郷も近いので、家族で観光がてらというのもありですね。

 

 

さて次回は7月5日 スカイランナー ジャパンシリーズ 第3戦

      『琵琶湖バレイ スカイレース』距離20km、累積標高2000mになります。

 

うわっもうすぐ・・・。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

御嶽スーパートライアスロン(H26.8.13)

もう10日以上もたってしまいましたが、

久しぶりに行ってきました『御嶽スーパートライアスロン』。

4年ぶり、9回目の参加で~す。

 

ご存知の通り?

毎年8月13日に行われます

自転車ヒルクライム16km(標高差1000m)

登山10km(標高差1200m)

ダウンヒルラン16km(標高差1000m)

 

トータル42km(標高差2200m)の変則トライアスロンです。

 

エントリーは120名程、変わってませんね~。いい大会なんですが。

 

練習不足でもなんとかなるさ!

・・・とAM6:00スタート!

 

まずは16Kmのヒルクライム。

登山での足の痙攣は避けたいので、控えめに・・・?

1時間22分。

鳥居を超えてからの激坂は相変わらずきつい!

 

そして6合目の黒沢口で自転車をあずけて、

往復10Kmの登山というか、トレイルランというか・・・。

久しぶりだし、明後日から子供たち連れてキャンプだし・・・と控えめに。

天気は最高でした。

Dsc_0735

8合目から山頂折り返し地点が、気持ちえ~。

もうすでにトップ選手とはすれ違っています。

 

 

 

なんとか足を痙攣させることなく折り返し。

Dsc_0736_2

   

下りは絶対転ばないようにと慎重に・・・。

(怪我でもしようもんなら帰ってから何を言われるか・・・

登山往復2時間53分。

もうすでに8名ほどゴールしてます、すごい!

 

・・・でもうすでに足は終わっていますが、

一番、ちょー苦手な舗装路の下り16Kmです。

 

途中誰も見えないところはだらだら歩きつつ・・・、あー情けない・・・。

1時間42分かけて、ゴール!

 

結果、5時間57分。

4年前の37分落ちでした・・・。

練習もまともにしてないし、ま―こんなもんですね。

しかし、おかげさまで、

期待していた?筋肉痛もさほどではなく、キャンプには支障ありませんでした

もーちょっと追い込んでも良かったかな?なーんて。

 

来年もでるぞ!と心に誓うのでした。

いつかは5時間切! 

 

それにしても、

レースはちょっとえぐいですが、

アットホームな感じのとーってもいい大会です。

レース後には鉄人祭なんてのもあります。

 

もっと参加者が増えてもいいのにと思いますね。

スタッフの皆さん、中学生のボランティアの子達、ありがとね

また来ます。

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SDA・OSJ王滝(H24.9.16-17)

2年ぶりに行ってきました。

SDA王滝(MTB42km)とOSJ王滝(RUN20km)です。

合わせて『キング・オブ・王滝 ショート』。

前日の夜、会場入り。

満点の星空の中、缶ビール片手に車中泊。


Nec_0288_2
受付、100kmスタート会場

まず、16日はMTB42km。

AM7:00のスタートに合わせて、早めにスタート地点に移動します。

スタート地点の仮設トイレには、軽量化待ちの長~~い列が・・・

(軽量化は事前に済ませておきましょうね

Nec_0289_2

今回は若干コースが変更になっていました。

さてスタートすると、写真を撮る余裕もなく・・・。

でも、『御嶽山』が右に左にきれいに見えました。

こんなにいいとこ走ってるんだ・・・って。

・・・が腰の痛みと闘いながら・・・、2時間34分でゴール!

(最近本当に腰が痛い・・・、100kmなんてもう無理かもしれません)

Nec_0293

参加するたびに、順位が下がっていきます

(自転車あんまり乗ってないもいんな~・・・)

・・・で、ご褒美というわけではありませんが『いのぶた丼』です。

やっぱりうまい!
Nec_0295

翌日のOSJに備えて、木曽福島へ買い出し。

会場へ戻って、ステーキおつまみにビールでお昼寝・・・。

Nec_0296_2

しばらくすると夕食の時間・・・。

イオン(すごく小さい)で購入した『ホルモン鍋とねばねば丼』で一人宴会!

(ビールは控えめに2本にしました

Nec_0300

さて翌日は雨の予報。

予報通りの雨の中、スタートを待ちます。

コースは走りなれた?いつものコース。

前半は7kmの林道を登り、

中盤は5kmの林道を下り、

後半は8kmの舗装路をだらだら下ってゴールです。

Nec_0301_3

私は暑がりなので、少々の雨は歓迎です。

問題は後半の舗装路です。

いつも、足が痙攣します。

さて今回は、『アスリートソルト』が活躍!

やばいと思ったら、5~6粒を水で流しこむ・・・。

すると不思議と治まります。

クランプストップより私には合ってるみたい

・・・でレースは、最後に女子の1、2位の二人に抜かれて24位でした。

ついていけんかった

ゴール地点は42km参加者のエイドステーションを兼ねてますので、

42kmの人はまだ中間地点です。

私は地ビール片手にがんばれ~!な~んて。
Nec_0302_5

トン汁のサービスも!

(実は野菜汁だったらしい。そういえば肉なかったもんな~。)

Nec_0303

さてさて帰りはお風呂は入りたいぞ。

・・・でR19号線沿いの『かけはし温泉』によって、汗を流して帰りました。

鉄分が多いのか、茶色のお湯です。

Nec_0305


2日も家を空けて、帰宅すると・・・。

子どもたちは元気になりましたが、妻の機嫌が悪かったのは致し方ない・・・ですね

そういえば『キング・オブ・王滝』の結果って???

ところで、先ほどNHKの金とく『TJAR』・・・をみました。

日本海(富山)から北アルプス、中央アルプス、南アルプスを越え、

太平洋(静岡)にでてゴールの415km、制限時間は1週間のレース。

なにがなんだか・・・凄い・・・です

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おんたけスカイレース(H24.8.26)

行ってきました~、『OSJ おんたけスカイレース』

距離は37km、累積標高約3000m。

ず~っと気になっていた大会でしたが、

ちょっと無理かな~と毎年敬遠してました。

(お盆は御嶽スーパートライアスロン行ってたしね)

今回初挑戦です!

・・・が、制限時間は11時間もあるし、8時間もあればなんとかなるかな?

・・・な~んて、結構お気楽に考えてている自分もいました。

(あんまり難しく考えて、心配している人は申し込みできませんよね~

 

さて前日の受付を済ませて、ビール4本で車中泊

当日AM7:00のスタートを500人以上のランナーと待ちます。

スタートは標高約900mの王滝小中学校です。

Nec_0238

天気は快晴!

スタートしてしばらくは舗装路、はるか先に『御嶽山 剣ヶ峰』が・・・。

まずは標高差は2000m以上を駆け上がります。(速い人は・・・です)

Nec_0239


 

おんたけスキー場からの御嶽山・・・、だいぶ近づいてきました。

スキー場に入ると秘密兵器のトレランポールを出します。

Nec_0241

トレランポール、やっぱり楽ですね~。

余力ができそうないい感じです。

えっちらおっちら登っていると、

9合目あたりでトップの松本選手とすれ違いました~すごい

そして、4時間弱で剣ヶ峰到着!

レースはここからが本番?お鉢めぐりへ・・・。景色は最高!

さてここから気持ちよく走るべ~と思ったら???

膝がおかしい?走るどころか、下りでは歩くのも激痛が・・・。

Nec_0242

魔利支天山分岐を超えると三ノ池めぐり。

先日の試走では悪天候でキャンセルしたコース。きれいで~す。

・・・とここで、ずっ~と先行していると思っていたKawaさんと会いました。

(はじめまして・・・です

あれっ肩や足やら擦り傷で痛そう・・・

浮き石でバランスを崩し、転げ落ちたとのこと・・・です。

(この後剣ヶ峰まではポールのおかげでついて行きましたが、

下りに入るとあっというまに見えなくなりました~・・・)

さて三ノ池めぐりの最後には後笑えるほどの急登が待ってます。

(紹介されてるコース高低図はあくまで参考です。実際はもっと楽しいことになってます・・・

Nec_0244

ポールのおかげで、膝痛にたえながらもkawaさんについて剣ヶ峰に無事戻り、

残り15kmは下るだけ!

・・・が、膝が痛いのなんの・・・。本当は下り大好きなのに・・・

でもがんばって歩けば、3時間でゴールかな?

Nec_0247

ここでもポールが大活躍!

・・・というか、なければ歩くことも難しかったかもしれません。

こんな気持ちの良い、白樺の遊歩道も顔をしかめながら歩きます。

Nec_0248

下りに入ってから30人以上は抜かれたでしょうか。

最後に舗装路に出て、スタート地点を過ぎて残り3km!

今日は帰れんな~、朝帰ればいいか~、

どこか宿さがそかな~、車中泊はやだな~、早くビール浴びたいな~・・・なんて考えながら・・・。

ほとんどウォーキング、ときどき走るふりしてみたり・・・。

なんとか9時間15分で走るふりしながらゴール!完走しました。

Nec_0252

車まで戻ると、しばらく動けませんでした。

8時間は完全になめてましたね、走っているときはもう二度と出ることないな~なんて思ってました。

完走は出来ましたが、下りを楽しめなかったのがなんだか悔しい?

 

ゴールして1時間もすると、だいぶ復活です!

なんとか帰れそうです。

・・・となると、来年もなんて思い始めます・・・。早っ・・・

 

 

おんたけスカイレース完走の立役者のカエルたち。

妻と長女が誕生日(8.21)に作ってくれました。

右のちょっと不細工なのはレース中、私の左ポケットに入ってました(ちょっと汗臭いかも

左のは車で待っていてもらいました~。両方ともかわいいでしょ。

Nec_0250

おかげで一応無事にカエルことができました~

 

やっぱり山は辛くとも気持ちいいんで~す。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

招待状?

本日招待状ではなく、

昨年参加した『かっとび伊吹』のパンフレットが届きました。

今年も8月の最終日曜日です。

しかし、この8月の最終日曜日はイベントが重なって・・・。

 

まずは、『かっとび伊吹』

『マウンテンサイクリングIN乗鞍』

『シマノ鈴鹿』

『MTBデポカップ』

そして『OSJおんたけスカイレース』など・・・。

 

その中で、今年はすでに申し込んでしまいました

それは・・・『OSJおんたけスカイレース』で~す。

いつか出てみたいと思っていましたが、早いほうがいいかな?と。

 

久しぶりに『マウンテンサイクリングIN乗鞍』も・・・、

昨年の『かっとび伊吹』も、もう一度と思いましたが。

 

今年の夏はは距離37km、累積標高3000mに挑戦です。

大丈夫かな???

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SDA王滝42km(H24.5.27)

セルフディスカバリーアドベンチャーIN王滝(SDA王滝)に行ってきました。

私は42kmの部門に参加です。

42kmとは言っても、

駐車場からスタート地点まで11km、

レースコース48km、

ゴール地点から駐車場まで5.5kmの合わせて約65km走ります。

レースコースのほとんどが、ガレた林道でシングルトラックはありません。

AM7:00までにスタート地点に移動します。(ゆっくり走って約40分)

今回『Little★Biking』からのエントリーは、

I戸PAPAさんと私の2名です。

自転車は結局、リジットにしました。

ディスクブレーキ付きのフルサスより、

チューブレスタイヤを優先させたのでした。

Nec_0289_3

天気は上々、気持ちよく走れそう?・・・です。

Nec_0290

AM7:00、スタート!

途中写真を撮る余裕などなく・・・、

荒れた路面で、腰が痛いのなんの、

後半は足が攣って・・・ピクピク・・・

でも、途中で見えた残雪の御嶽山は素晴らしかった

・・・で、なんとかごまかしながら、3時間10分でゴール!

秋(9月)のコースより30分余分にかかりましたが、

順位は同じぐらいだったようです。

Nec_0296_3

しばらくすると・・・???

AM6:00にスタートした100kmの選手が4時間42分でゴールしてきた!

あ~らびっくり!

ゴールのアナウンスもこの早さは想定外?

一瞬理解できていないようだった

そして、I戸PAPAさんもゴール!

・・・が、体調が悪そう・・・

駐車場でしばらく休憩するも、食欲は・・・。

・・・で、申し訳ないが一人で昼食に王滝食堂へ、

迷わず『いのぶた丼』を注文、ほんとうにうまい!

これでがあればいうことなし!

Nec_0299

I戸PAPAさん、9月には少し余力を残して一緒に『いのぶた丼』食べましょうね。

・・・で、9月はSDA42km+OSJ20kmの

『キングオブ王滝ショート』にエントリー済です。

う~ん、楽しみ~・・・、

何が?いのぶた丼・・・

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

伊吹山ヒルクライム(H24.4.15)

久しぶり~の『ヒルクライム』です。

昨年は・・・???覚えがない・・・。

今年の伊吹山は残雪が多く、距離は12kmに短縮されました。

現地に向かう途中で伊吹山が見えます、雪が多そうです。

また今年から、カテゴリーで『午前の部と午後の部』に分かれています。

仲間内で分けられたりすると、めんどうかな?

でも、夫婦では子供を交代で見れるから・・という声も。

天気は上々。

それにしてもすごい人・・・。

私は午後の部なので、ゆっくりです。

(・・・が、午前の部なら、昼から登山をもくろんでいたのに・・・残念

さて、関ヶ原町役場からスタート地点へ移動し、

30人、30秒ごとにスタート!

渋滞はありませんが、

久しぶりのヒルクライムで、ペース配分がさっぱり?

余裕があるような?無理は禁物のような?

・・・で、なんとな~く、45分でゴール!

Nec_0233_212km地点からの山頂

う~ん、なんか物足りん・・・

しかも、下山まで、大渋滞!

欲求不満?の解消に、

愛知県サイクリング協会の『神坂峠ヒルクライム』に申し込みました。

『伊吹山ヒルクライム』で、なんとなく『ヒルクライム』を思い出したのでした

そして、モチベーションアップの為に、ロード用シューズを注文しました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷って、迷って・・・かっとび伊吹

あ~・・・、今週末は・・・

高所に身体を慣らしたかったが・・・、どーしよー

 

おっ、鈴鹿方面は降水確率20~30%だ

『鎌ヶ岳』もありだな。

 

雨を覚悟で、『伊吹山』下見にでも・・・。

下見?・・・というわけで、申し込んでしまったのでした、『かっとび伊吹

 

いかした名前の登山レース。

 

OSJおんたけスカイレースと迷いましたが。

 

またひとつ楽しみができました。

8月まではモチベーション維持できそうですか・・・な?

 

さて準備だけして、とりあえず明日は早起きしましょう

起きてから考えよう・・・。

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グランフォンド福井

6月14日『グランフォンド福井』参加証が届きました。

昨年に続き、2回目150kmに参加です。

ロケーション最高なので、天気さえ良ければとても楽しめます。

(最後15kmぐらいは苦しみます)

先日の琵琶湖1周が雨で中止になったので、

ぜひとも良い天気にしたいものです。

 

この参加証に、注意事項が・・・。

・交通ルールは守る

これ当たり前ですが・・・。

・・・

・スタート、ゴール地点の芝の上は『ブヨ』に注意

これ気をつけましょう!重要です!

私は『ブヨ』に刺される(食いつかれる)と医者へ行きます。(行かなければなりません)

そのままほおって置くと・・・、

ポンポンに腫れ上がって、かきむしって、汁が出て、

何週間もかゆみと戦い、挙句の果てに痕が残ります。

刺されたときはすぐに毒を吸い出して、皮膚科の薬を塗ります。

(私は『ポイズンリムーバー』を愛用、持ち歩いてます)

これだけで、医者に行かなくて済むこともあります。

昨年は虫除けしてたのに、1ヶ所刺されました。

グランフォンド福井に限らず、

これからのシーズン、山や川にキャンプ等行くときは『虫除け』必須です!

(『ブヨ』に虫除けは効きますョ!)

 

『グランフォンド福井』は『ブヨ』しらずで楽しみましょう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)