« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

うあ~GPSぐぁ~・・・

最近はあいも変わらず、週2~3回の鳩吹山朝練が気持ち良い。

その相棒がユピテルのGPS『ASG-CM11』です。

必要な機能はすべて入ってます。

(欲を言えば、登山地図が入れば『ガーミン』なんかいらねーぜ・・・って思います)

しかも使い方が簡単、明快!

スマートフォンなんて勘弁して~って感じです。

それが・・・!

Dscf0533

ぐわ~ん、かばんの中で、液晶が割れてました。

(ちょっと思い当たることが・・・

スイッチは入りますが、タッチパネルは全く反応しません。

 

さっそく、ユピテルの修理センターへ問い合わせ。

液晶パネルの交換で修理できます・・・とのことで、

静岡へ送ると・・・。

翌日に見積もりの電話、そして依頼。

送って4日後には有償ですが、手元に戻ってきました!

意外と早かったです。

(2週間ぐらい覚悟してましたので)

さて、さっそく明日も『鳩吹山 朝練』ですね。

仕事なので早く戻らねばなりませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊吹山ヒルクライム(H24.4.15)

久しぶり~の『ヒルクライム』です。

昨年は・・・???覚えがない・・・。

今年の伊吹山は残雪が多く、距離は12kmに短縮されました。

現地に向かう途中で伊吹山が見えます、雪が多そうです。

また今年から、カテゴリーで『午前の部と午後の部』に分かれています。

仲間内で分けられたりすると、めんどうかな?

でも、夫婦では子供を交代で見れるから・・という声も。

天気は上々。

それにしてもすごい人・・・。

私は午後の部なので、ゆっくりです。

(・・・が、午前の部なら、昼から登山をもくろんでいたのに・・・残念

さて、関ヶ原町役場からスタート地点へ移動し、

30人、30秒ごとにスタート!

渋滞はありませんが、

久しぶりのヒルクライムで、ペース配分がさっぱり?

余裕があるような?無理は禁物のような?

・・・で、なんとな~く、45分でゴール!

Nec_0233_212km地点からの山頂

う~ん、なんか物足りん・・・

しかも、下山まで、大渋滞!

欲求不満?の解消に、

愛知県サイクリング協会の『神坂峠ヒルクライム』に申し込みました。

『伊吹山ヒルクライム』で、なんとなく『ヒルクライム』を思い出したのでした

そして、モチベーションアップの為に、ロード用シューズを注文しました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの自転車 朝練

来週末は『伊吹山ヒルクライム』です。

久しぶりの自転車イベント、

今年はほとんど、自転車に乗っていない・・・まずい・・・。

 

・・・で、4月8日(日)朝練です。(仕事だったので・・・)

朝5:30に起きて、自転車積んで入鹿池へ。

八曽大外とよんでいる、アップダウンの多い30km強のコースです。

120408_3

気温は2℃・・・寒かったです

1時間30分ほどでささっと走って、すぐ帰宅。

お風呂~お風呂~とスイッチオン。

 

冷えた体にお湯がしみこみま~す。

温泉なら言うことなしですが

これで来週の『伊吹山ヒルクライム』ばっちりか???

 

今年の伊吹山は残雪が多く距離は12kmに短縮されて、

内心ちょっとほっとしてたりしてますが・・・

でも楽しみで~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳩吹山のカタクリ(H24.4.6)

さて、いつもの朝練鳩吹山です。

カタクリ群生地へ足をのばしました。

AM5:48のカタクリたちです。

Nec_0246

満開(朝早くて開いてませんが)です。

・・が先日の爆弾低気圧で若干の痛みが。

カタクリ群生地から小天神へ。

雨上がりのファイブフィンガーズは冷たい・・・

Nec_0248

大脇ルートに合流すると、

爆弾低気圧の爪痕が・・・。

Nec_0249

鳩吹山頂を経て、西山登山口へ。

2日前に、道をふさいでいた倒木の枝がかられ、

通りやすくなってました。

Nec_0251

これは2日前の写真。

Nec_0232

この日は北回りしましたが、

10cm程度の倒木に何か所も道をふさがれて、清掃トレランでした。

最近天気が微妙ですが、

早朝トレイルランはやっぱり気持ちがよいのです・・・

 

さて、来週末は『伊吹山ヒルクライム』。

残雪の影響で12kmコースになりました。

ちょっとだけ、ホッとしたような・・・

久しぶり~のヒルクライム、大丈夫かな???

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »