« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

最高のビール!(H23.7.22 富士登山競走)

H23.7.22、富士山頂で最高のビールをいただきました

Nec_0039

 

 

富士登山競走前夜、

3人娘に邪魔されることなく、

河口湖畔のペンションで1人優雅に夕食

Nec_0035

 

当日のスタート地点は台風の影響か?

曇ってゴール地点のは見えませんでした。

Nec_0038 

 

・・・でAM7:00富士吉田市役所をスタート!

21km先の富士山頂を目指します。

 

カメラ(携帯電話)は持っていましたが、写真を撮る余裕など無く・・・。

 

馬返しを1:05、5合目を2:10で通過!(予定通り)

8合目の関門は気がつかず???

9合目の鳥居を通過したのは、制限時間15分前!

痙攣する足に爪を立て、必死に・・・。

 

AM11:29、4時間29分でゴール!

Nec_0040

もう、最高でした!

このために登ってきたのです

完走できて泣けてきたのは3回目です。

1:アシックス スーパーチャレンジ100

2:御嶽スーパートライアスロン

3:富士登山競走

 

当日の山頂、快晴です

Nec_0043

 

さて、ここからが大変!

5合目まで自力で下りま~す。

長~い、長~い・・・・・・・・・・・・・・・。

おかげで足の指の皮がめくれて、靴に血が滲んできました。

(でも我慢できま~す

そして5合目からはバスでスタート地点まで。

 

これから4時間かけて帰る元気も無く・・・、宿を探して。

夕食は、川口湖畔の焼き肉店で1人祝勝会!

地ビール、カルビ、ホルモン。

レバ刺が無いのは残念ですね。

Nec_0049_2

そして、デザートに黒蜜きなこアイスもご褒美です。

Nec_0050

あ~おいしかった

 

『富士登山競走』

制限時間が最高に厳しいです。(自分にとってはですが・・・

完走できて本当に良かった。

早く『完走Tシャツ』こないかな~、楽しみ~

 

それにしても優勝者は2時間27分!

うーん・・・、理解できん・・・???

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スマホかっ!

6月末・・・、頭の体操にと『スマートフォン』に機種変更。

NTT docomoの新製品『N-06C』です。

登山、自転車に仕事・・・当然防水。

 

先日の剱岳登山で弱点大暴露

出発前に完全充電!

 

約7時間後・・・、下山前にバッテリー切れ

(基地局が遠いと電波を探しまくって、消耗していくらしいです)

 

スマートフォンはバッテリーの消耗が欠点とは聞いていましたが・・・。

登山中は仕事の電話を3回だけなのに・・・。

(剱岳早月尾根はときどきNTT圏内です)

 

山の相棒としては対策が必要ですね・・・

ちなみに通常でも毎日の充電は欠かせません・・・。

おそるべし、スマートフォン!

 

しかも、使いこなすには・・・、当分楽しめそうですネ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剱岳登山(早月尾根)H23.7.8

 

とうとう念願の『剱岳』行ってきました。

早月尾根日帰りです。

今年も残雪が多く、半ば諦めていましたが、

ここ2週間でほとんど溶けたとの情報・・・。

天気予報は・・・行かねば・・・。

 

片道9km弱、標高差2200mに挑戦です。

110708

 

AM5:40分、馬場島登山口出発!

P1030860

しばらく急坂を登ると、素晴らしい杉たちが・・・。 

P1030864

ところどころ残雪も・・・。 

P1030873_2

早月小屋到着。

ここで先着の地元の人とお話休憩。

やっぱり『ランチパック』ですね・・・なんて。 

P1030875

さてここからが勝負!

ガスで山頂は見えません。

中途半端な残雪が曲者!

内緒ですが、とても怖い思いしてます。 

P1030880

山頂に近付くと、鎖場がたくさん!

しかも縦にも横にも・・・。

P1030885

 

登山口から4時間、9時40分山頂到着! 

P1030887

貸切です。でもガスで・・・・、ここはどこ?

山頂でコーヒーで一服。

晴れてくるかと・・・30分・・・・。 

P1030896

うーん、諦めて下山です。

本日の登頂は私だけ?

 

途中、ガスの切れまで、パチリ。 

P1030914

2800m地点で、早月小屋で会った青年が登ってきました。

でも、雨上がりのせいか?石は浮いてるし、中途半端な残雪が厄介で・・・。

ここで引き返しますとのこと。

・・・それが正解かもしれません。

雪のトンネルをくぐり・・・。 

P1030916

早月小屋でコーラで休憩。

うっすらと山頂が見えます。

ここで、途中で追い越した人と会いました。

早月尾根の日帰り経験者でした。

AM1:00登山口出発、PM7:00登山口着だったそうです。(えっ、18時間) 

P1030933

 

あとは、ひたすら下って・・・・。

13時30分馬場島に無事到着しました。

 

『剱岳』標高差2200mは堪えました。

勾配のきつい登山道、ひたすら登り続け、また下り続け・・・・。

しかも、あまり安全とは言えません。

(2900m地点で、鎖が抜けました・・・これから登山道の整備をするそうです)

日帰りは単独でないと難しいかもしれませんが十分に気をつけましょう。

 

富士登山競走まであと2週間。

ゆっくり疲れをとりましょう・・・

富士登山に向けてのトレーニングにはなりましたが、

すばらしい山です『剱岳』、天気の良い時にもう一度行きたいな~

1週間後には登山道に残雪は無いでしょう。

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »