« 池田山ヒルクライム | トップページ | 坂バカたち・・・ »

鎌ヶ岳登山

11月28日(土) 鎌ヶ岳登山です。

コースは『新・分県登山ガイド23、三重県の山』による、

湯の山温泉の三岳寺登山口より『馬ノ背尾根ルート』で登り、

『長石谷ルート』で下山するコース。

所要時間は、登り3時間10分、下り1時間55分の計5時間05分です。

いつものごとく、午前中に帰宅する予定。

ちょっと遅めの7時45分三岳寺出発。

Dvc00030三岳寺の看板

天気は曇り時々晴れ、途中でお隣の『御在所岳』が見えます。

紅葉はもう終りです。

Dvc00031

30分程で、『鎌ヶ岳』が見えてきました。

Dvc00035

鎌ヶ岳登山道には看板がほとんどありません。

間違えやすい分岐のような箇所がありますので気をつけましょう。

私は途中で谷に下りてしまい、道がなくなり引きかしました。

 

さて、1時間もすると山頂が迫ってきます。

Dvc00040 あらあらしい感じ

写真の真ん中、谷の部分が登山道です。

意外とあっけなく到着。

登山口から、1時間20分でした。

Dvc00044_2

北の方には、御在所岳がみえます。

Dvc00047

さすがに11月も終わり、1100mとはいえ、寒いです。

登りは『SKINSのロングスリーブ』に『Tシャツ』で十分ですが・・・。

 

おにぎりとコーヒーで20分休憩して下山します。

下りは長石谷ルート。

事前調査?では、谷を何度も渡りかえすようです。

Dvc00048

標高を下げるにつれ、水かさが増えて沢らしくなってきます。

Dvc00049

ただ、石がゴロゴロして走りにくい、いや歩きにくいです。

Dvc00050

何度も沢を右へ、左へ・・・。

結構楽しい・・・

Dvc00051

途中道が急に切れて、少し危険なところもありますので 注意です。

ひたすら沢を下って、長石谷登山口到着。

下りは約45分でした。 

時間があれば、御在所経由で下山してもよいです。

 

駐車場にあったたくさんの車はほとんどが『御在所岳』へ、

『鎌ヶ岳』はとても人が少なくて迷いやすいので気をつけましょう。

 

ところで、今回はデジカメ忘れ、先日買い換えた携帯の写真です。

シャープSH08Aです。もちろん防水は絶対条件!

意外とちゃんと撮れるので、びっくり!

これなら普通にデジカメとしても使えます。

天気が良ければもっときれいに・・・?

ただ、電池の消耗・・・とても早いですね。

 

|

« 池田山ヒルクライム | トップページ | 坂バカたち・・・ »

コメント

こんばんは。
いつも不思議に思うことは、トレランの方々の荷物の少なさです。
夏のアルプスなどでもまさに軽装ですね。
でもこれからのシーズンの寒さ対策はどうされるのでしょうか?
寒くなったら走って下ればいいか~などと余裕なのかな?

また私はいつもハイキングやサイクリングはウエストバックにカメラを入れていますが、RUNの時はカメラがユサユサと不安なので、デジカメ(たかがコンデジですが、大事にしているので)は持たず携帯電話にしています。
どうされていますか?

質問ばかりで申し訳ありません~。

投稿: ちゅた | 2009年11月30日 (月) 22時30分

ちゅたさま。
トレランは体温調節が重要です。
真冬でも登りは暑い、下りは走っても寒いです。
ただ、通常の登山よりも短時間に移動したい(登りは)ので、
装備は極力軽量にします・・・したいです。
自転車ヒルクライムの世界ではグラム単位の軽量化合戦です。
私は、11Lのバックパックに、
着替え(冬場は1枚余分に)、ウィンドブレーカー、
キャメルバックに水分1~2L、
ペットボトルのジュース、コーヒー、
テーピング、食料(サプリメント)等を入れています。
カメラは対衝撃、防水のオリンパスμ770を携帯します。
収納は小型のポーチを左胸の辺りにベルトに固定です。
(でも画質は最新の携帯並みかな?)

基本的に日の出に出発、昼頃には下山する予定です。
何しろ荷物は軽い方が遭難もしにくいのでは?と勝手に思っています。
冬山は怖いので行きませんし・・・。
泊まりの縦走などとは全く違うのでしょうね。
皆さんはなにを持っているのでしょうか?
登山者さん達の荷物の多さ(重そう)には敬服します。
 
ただ、遭難すると『非常識な軽装で・・・』と報道されるのかな?
気をつけま~す。
 

 
 

投稿: jion-bee | 2009年12月 1日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌ヶ岳登山:

« 池田山ヒルクライム | トップページ | 坂バカたち・・・ »