« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

鳳凰山登山(7月25日)

富士登山競走が終わり、

せっかく遠くまで来たのだから、

一山登りたいと思って準備をしておいた『鳳凰山登山』。

富士山下山後、すぐに登山口の『青木鉱泉』に今晩の予約・・・。

(本当は車中泊のつもりが、楽したいと思い・・・つい

 

高速で『韮崎IC』、『R20』、『林道』・・・でやっと『青木鉱泉』到着。

食堂のある本館はとても立派!

35年前に改築してあるとのことです。

P7240015本館

P7240020玄関が食堂

風呂に入って、ひと寝入り・・・。

食事の準備ができました、と呼ばれて・・・。

おー!すごい雨です。

P7240028 浴室がみえます

浴室の向こうの本館で食事です。

食事は山菜メインでしたが、とても美味しかったです。

日本酒とビールをいただきました

携帯もダメ、テレビもないので、店主?に明日の天気を聞いてみると、

朝にはあがるかな?分からない・・・。

朝降ってなければ、出発!と決めて準備して寝ます。

 

今回のコースは、

青木鉱泉~ドンドコ沢~地蔵岳(オベリスク)~観音岳

~薬師岳~中道~青木鉱泉、

登山地図では標高差1700m、12時間のルートです。

昼までに戻るつもりで、4時に目覚ましセット・・・zzz。

 

朝起きると、雨はあがってます。

AM5:00出発!

P7250029

看板があるので道は迷わないと思います。

登山地図によれば『ドンドコ沢コース』は、

滝がたくさんあって、見どころいっぱいのはず。

P7250037南精進ケ滝

P7250040白糸の滝

写真で見るよりはるかに大きく迫力あります。

その他たくさんありました。

ゆっくり楽しんで上がると、良いですね。

 

ただ、この滝が実は曲者・・・。

当然、登山道の勾配がキツイです・・・

 

鳳凰小屋の手前で、地蔵岳が見えます。

やっと見えた~って思います。ここまでがきつい!

P7250049 地蔵岳(オベリスク)

鳳凰小屋で、『缶ビール』購入!

ざらざらの急坂を登っていると・・・。

まさに熊の足跡、新しいです。

P7250052

あたりを見回しましたが、大丈夫そうです

 

地蔵岳の裾、『賽ノ河原』到着!

写真はありませんが、お地蔵さんがたくさんおみえになります。

ちょうど3時間です。

P7250060

ちょっと登ってみようかな?

ひえー恐ろしい

山頂岩の間にロープが・・・。

ここでやめときました。

P7250058ロープぐぁ~

下を見ると、引き返すのも恐ろしい・・・。

P7250055

後ろから来た人に聞くと、

ガイドブックには『登っちゃダメョ』と書いてあるそうです。

 

さて、隣の観音岳へ縦走です。

鳳凰三山では最高峰(2840m)です。

ただ、天気が悪くて、視界があまりありません。

P7250065

ここまで来ると、薬師岳はすぐ。

P7250068

あそこで『ビール』にしましょう

あっさり、薬師岳到着!

だら~と広い山頂です。

風が強いので、どこでビールを飲めば・・・?

P7250071

岩陰で、いただいて少し休憩して下山します。

青木鉱泉の看板があるので、従います。

P7250073

中道は、ジケジケの雑木林の道です。

2組の方が登ってきました。

途中特に見るもの無く?駆け下りました。

P7250078

で、AM10:30分、青木鉱泉帰着。

5時間30分で戻ってきました。

 

天気が良ければ、南アルプスの山々がきれいに見えたことでしょう。

本当は山小屋でゆっくり『ビール』を楽しみたいですね。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士登山競走(7月24日)、一応完走?

富士登山競走、行ってきました。

前日夕方現地入り受付をして、道の駅で車中泊です。

夜中にどしゃ降り、目が覚めました。

朝4時起床、まだ降っています。

 

準備をして、会場入り。

天候不良のため、山頂コースは五合目ゴールに変更されました。

楽しみにしていたので残念ですが、

2時間20分以内を完走扱いにしますとのこと。

 

開会式を見ていたら、こんなに後ろからのスタートに・・・。

(開会式に人が少ないと思いました

P7240003_2

7時スタート!

馬返しまでは、苦手な舗装路のだらだら登りです。

ここまでは、みんな走ってます。

走らなければなりません、走れない人は完走できません。

P7240005_2

馬返しからは登山道、早歩きでがんばります。

速い人はここも走っているでしょう。

2時間10分、ゴール手前で大渋滞!

完走が微妙で、みんないらいらしてます。

『押すな、押すな!』

P7240006_2

2時間18分、何とか完走?

でも、あまり達成感はありませんでした。

もう少し走りたかった・・・。

でも五合目でこのタイムでは、山頂完走は微妙・・・、

と言うか無理っぽいです。

来年出直しです

P7240007_2

ゴール後は、お弁当と荷物を受け取り、長~い下山バス待ちです。

五合目とはいえ、2000m超えてます、寒~い。

P7240009_2

 

でももっと寒かったのは、これでした。

P7240013_2

せっかく、一応完走したのにな~

完走Tシャツの行方はいかに?

 

来年も行くぞ~、お~!

来年は今年よりも申込み競争が激しいかも・・・。

 

・・・で、せっかく遠くまで来たので、

翌日の『鳳凰山』登山に備えて移動です

『青木鉱泉登山口』から標高差1700m!(富士山の半分程度じゃん!)

天気はいかに・・・。

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

富士登山競走まで2日・・・

梅雨も明けるのか?まだまだなのか?

『富士登山競走』はあさって・・・。

 

20日の祭日は最後のトレーニング?

軽く『荒島岳』に登りました。

P7205779_2 上天気

P7205788_2

P7205803_2

駐車場から1時間20分、

軽くのつもりが、ゼーゼーでした。

朝早いので、山頂貸切です。

P7205813

 

さて、明日は仕事を早く切り上げて出発です。

追加・・・です。

白山方面はこんな感じでした。

P7205811

P7205812

4月29日に登った時は残雪が見えましたが、

もうほとんど見えませんでした。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

富士登山競走 参加証

とうとう残り1週間。

先日『富士登山競走』の参加証が届きました。

心残りは、富士山の下見が出来なかったことと、

アスファルトは、2月の犬山ハーフマラソン以来全く走っていないこと。

 

でも、週末はちょくちょく登山に行った。(嫁の機嫌と相談しながら

『鳩吹山』、『納古山』、『高賀山』、『夕森山』、『小秀山』

『伊吹山』、『荒島岳』、『御在所岳・国見岳』、『空木岳・南駒ケ岳』

もう楽しくてしょうがない。

 

『富士山登山競走』の高低差3000m、

先日の『空木岳』に海面から登るようなもの?

何だかとっても楽しみです。

問題は制限時間、完走したいな~

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東山動植物園(7月12日)

前日の空木・南駒ケ岳登山の疲れで、

睡眠約12時間・・・、復活!

 

・・・で、子供たちを連れて『東山動植物園』へ。

下の子は初めての動物園です。

P7125728

『何じゃこりゃ・・・』って感じ?

 

上の子は『動物』よりも・・・?

P7125736

『カキ氷』と・・・、

P7125743

『遊園地』が良いようです。

『くまさんコースター』3回乗りました。

 

それにしても暑かった・・・。

 

帰りに『東山スカイタワー』で涼んで、出てくると・・・。

変なキャラ達が・・・、いや・・・かわいいキャラ達が・・・。(ごめんなさい

P7125760

ご当地キャラ達との『握手会』でした。

左から『ノッピー、はち丸、エビザベス、だなも、ハッチー』だそうです。

エビザベスさんは、足元の段差に弱いみたい・・・です。

順番に全員と握手してもらいました。

P7125764

子供たちは大喜び・・・かな?

 

登山より疲れた1日でした。

帰ってからのビールが、うまい!

結局それかよっ~

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空木岳・南駒ケ岳登山(H21.7.11)

今週末、ほぼあきらめていたら、

あら天気予報が、がらりと変わった!

行かねば・・・。

 

と言うことで、

本当は『富士山』に行きたかったが遠いのであきらめて、

『空木岳』に行くことに。

事前の下調べでは、日帰りは大変そう?

 

朝3時30分、駒ケ岳SA起床、朝食済ませて登山口へ。

登山口までの林道が荒れていて、初めての私は道が合っているのか不安になる。

昨年4WDに変えて良かったと思った。

駐車場は意外と広く、トイレも有る。

 

さて、5時20分登山開始!

しばらくはだらだらと雑木林を上る。

P7115636

池山小屋分岐から勾配がきつくなってくる。

ここは水場になってます。(空のペットボトルに詰めて帰りました)

P7115639

注意看板を過ぎると難所『迷尾根』

P7115642

狭い尾根、急斜面、梯子・・・。

写真よりはるかに怖いです・・・。

でも楽しい

P7115647

7時24分『空木非難小屋分岐』。

空木岳が見えてきました。

P7115651

分岐を右手に、『駒石』方面へ。

P7115655

7時36分『駒石』到着。

誰もいないので、セルフタイマーで・・・。

P7115659

もうすぐ、山頂です。

P7115665

ちょうど8時『空木岳』到着!(駐車場から2時間40分)

ものすごい風とガス・・・。寒い・・・・。

何も見えません。

P7115668

思ったより早く着いたので、

お隣の『南駒ケ岳』を目指します。

登山地図によると、1時間30分程度の工程。

上着を着て、強風の中8時10分出発。

やっぱり何も見えません。

P7115672

風で尾根から飛ばされそう・・・

岩がごつごつ、歩きにくいです。

P7115677

8時56分『南駒ケ岳』到着!

少し明るくなってきました。

やっぱり、誰もいないのでセルフタイマーです。

P7115680

あっ!『御嶽山』。

P7115685

10分休憩して、来た道を、『空木岳』に戻ります。

行きはガスで分りませんでしたが、

『空木岳』と『南駒ケ岳』はこの尾根道で結ばれてます。

P7115691

空木岳で少し休憩。

登山者は10名程度。

気持ちよく晴れてきました

そして、10時15分下山開始。

空木岳非難小屋経由で下ります。

谷には残雪が多く、ひやひや・・・

P7115702

やっとの思いで、非難小屋分岐にたどり着きました。

P7115703

また怖い『迷尾根』を過ぎて、

池山小屋分岐まで、『遊歩道』経由で・・・。

これが失敗、半分ヤブでした

P7115714

そして、12時23分駐車場到着!

約7時間の旅でした。

今回のシューズは『モントレイル ハードロックミッド08』。

リュックは『グレゴリー リアクター』。

今回の登山にぴったりでした。

P7115716 

次回は『木曽駒ケ岳』から『空木岳』縦走か

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヒルクライム神坂峠 7月5日

7月5日、『ヒルクライム神坂峠』いってきました。

今年は最高、120名程のエントリーとのことです。

スタート地点は、中津川市『クアリゾート湯舟沢』の少し上流。

ゴール地点は、13km先の標高差1000m上った、『恵那山』の登山口です。

 

今年はあまり自転車に乗ってないので、

目標1時間7分(2007年の私の記録)です。

朝9時スタート!

天気は曇りだが、視界良好!

そんなに調子は悪くなさそう、目標クリアーできるかな?

・・・とちょとがんばってみる。

 

1時間5分後、ゴール!

『自己新達成』出来ました。

トップは50分切っているとのことでした。

 

さて、今回は『二次会』に『南木曽岳登山』の準備をしてきましたが、

雲行きも怪しくなってきたので、あきらめて帰りました。

(早くビールも飲みたいし・・・

 

ところで、今日の『クローズアップ現代』で

『グランフォンド福井』に参加した人たちが紹介されてました。

あっ!冒頭のシーンで私が写った様な気が、

今夜のBS11の再放送を録画して確認しましょう。

『レッドショルダー』が私です。(キリコ?ではありません。)

 

さて『富士登山競走』まであと18日。

今週末は『富士山下見』に行きたいが、

梅雨も終盤、天気が不安定です。

どうなることやら・・・。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝鳩吹山

今日は久しぶり・・・、

といっても1週間ですが、

4時30分起きで『鳩吹山』です。

(駐車場~大脇口~山頂~西山~西山口~駐車場)

約50分コースです。

 

ひどい寝違い?もだいぶ楽になり、

ゆっくりと振り向けるようになりました。

走るのには支障無さそうですね

 

明日は愛知県サイクリング協会のイベント、

ヒルクライム神坂峠』。

標高差1000m、距離13kmを自転車で上ります。

最近はあまり自転車に乗ってないので、

自己新は期待出来ませんが、

ゴール地点の『カップラーメン』を楽しんで来たいと思います。

 初めて参加したときは、

 ゴール後は気持ち悪くて、とても食べられませんでしたが、

 自転車はじめて丸10年、ずいぶん『胃腸が丈夫』になりました。

 今は、『カップラーメン』おかわりしたいくらいです

いっくら疲れていても、 

ビールは美味いし、食事も美味しい!

『丈夫な胃腸』は自転車・登山・トレランの大いなる『副産物』です

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »