« トレイルハーフマラソンinスキージャム | トップページ | 運動会 »

小秀山登山

さて本日は『小秀山登山』決行です。

標高差1110m、距離は往復12km程度?

AM4:30分、起床。午前中に帰りたいので早起きです。

AM5:20分、『小秀山二の谷登山口』到着。(乙女渓谷駐車場)

AM5:40分登山開始!

P9283499

登山口の乙女渓谷はキャンプ場になっています。

水もきれいで気持ちのよいところ。バンガローがたくさんあります。

しばらくは美しい渓谷を見ながら、整備された遊歩道を進みます。

整備されたとはいえ、階段はきつい!

P9283503先に夫婦滝がみえます

途中に見所がありますが、

前半最大は『夫婦滝』です。

P9283504

とても迫力があります。

ここまでは『遊歩道』が整備されて、

キャンプ場から楽しく散策できます。(が、体力は必要です)

さて、ここから登山本番です。

『ここからは軽装登山は出来ません』の看板があります。

夫婦滝の脇をほぼ直登坂すると、滝口にでます。

P9283510 夫婦滝の滝口、おっそろし~

しばらく厳しい登山道をあるきます。

展望はあまりよくないです。

さて『三の谷ルート』合流の手前で、

『二の谷ルート』最大の難所『カモシカ渡り』です。

P9283517

ほぼ垂直の岩と根っこの道?です。

P9283518

はしごもロープも無いので慎重に登ります。

知らずに来た人は『びびる』か?『わくわくする』か?

ここで引き返す人もいるのでは?と思わせる場所です。

この難所をクリアーできれば、すぐに『兜岩』が見えます。(山頂ではありません)

P9283520  山の先っちょが『兜岩』

『小秀山山頂』はまだまだです。

かぶと岩の下到着。

P9283522兜岩の下

2本のルートがあります。

要するにどちらもあぶない!ということです。

兜岩のまわり、ぐるりとまわって両方通っても時間的にはしれてます。

そして兜岩の上へ・・・。

P9283539 兜 岩からの眺め

兜岩、おちたら・・・。おっそろし~。先端へは足がすくんで・・・。

小秀山登山のメインイベントでした。

ここからはゆるいアップダウンを繰り返しながら『シングルトラック』を山頂へ。

『トレイルラン』できます

P9283531 山頂!

AM7:50登山口から2時間10分、山頂到着!でも、ガスで何も見えません

誰にも会うことありませんでした。さびし~

P9283532木彫りのかっこいい看板

山頂から『王滝村』へのルートもあるようです。

おにぎりと『ほていの焼き鳥』を用意したのですが、寒いので着替えて下ります。

下りは途中から『三の谷ルート』で下りました。

『三の谷ルート』はだらだらとシングルトラックを下る道で、

面白くはありませんが、トレイルランの練習にはもってこいかな?

下りの途中で3人とすれ違いました。

登山道には水場がまったく無いので、水分は多めに持っていきましょう。

本来は『往復8時間程度』の登山になります。

そして三の谷登山口から駐車場までは2km程林道を下ります。

登山終了!

 

『小秀山』侮れません。『二の谷ルート』は険しい道で、危険もいっぱい。

次回、展望の良いときに再チャレンジしたいです。

今回はただの『トレーニング』でした。

詳しくは『小秀山 登山』と、検索しましょう。

 

 

|

« トレイルハーフマラソンinスキージャム | トップページ | 運動会 »

コメント

う~ん、登ってみたいけどこの時期は熊に出会う確立が・・・!?怖いなぁ~。

投稿: へっぽこストロングマン | 2008年9月29日 (月) 10時13分

へっぽこストロングマンさま。
熊には会いたくないですね。
切り株に傷の様なものが・・・?
小秀山の山頂には、
かわいい『オコジョ』が住んでいるらしいです。
運がいいと、会えるかも

投稿: 管理人 | 2008年9月29日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小秀山登山:

« トレイルハーフマラソンinスキージャム | トップページ | 運動会 »